世界一周

ドミノって倒すものじゃなかった

世界一周 40日目

二日酔いで目覚める朝。懲りない。前日の飲み過ぎとゆっくりしたい気持ちから、予定してた近くの町の観光を断りまったりすることに。

他の3人はサンミゲルまでちゃんと行ったみたい。後で聞いた話だと3人も行くかどうか最後まで相当悩んだみたいだけど。


次に目を覚ましたのはお昼を過ぎたあたり。さすがに何もせずに寝ているのはちょっともったいないので街をブラブラ歩くことに。


やっぱりグァナファトの街は好きだなと再認識。鉱山の街だったこともあり、街の至る所に地下トンネルや、レトロな造りのトンネルがある。家と家の間には橋が架かっていたりと街が立体的でいて、さらにカラフル。

メルカドでお買い物


2日前に現地に住む友人に案内してもらった、駅舎を改築して作られたメルカドへ。


メルカドは1階に飲食屋台が広がり、2階にお土産屋がある。とりあえず二日酔いで気持ち悪いけどランチにすることに。


メルカドの1階をブラブラ巡ったけどイマイチしっくりくるのがなかったので、駅舎横のご飯屋さんの1つにすることに。


メニューが来たけどまったくわからなかったので、横で食べてた人のと同じのを頼むことに。

なかなか美味しい。けど100ペソぐらいした。ちょっと高いな。


食後はメルカドに来た目的の1つ、ドミノを買うためにお店をブラブラ。キューバで知ったことがドミノは、ドミノ倒しに使うものじゃなく世界4大ゲームに数えられるボードゲームの1つだったと言うこと。

4大ゲームは、トランプ、チェス、バックギャモン、ドミノだそうで。


旅をする人間として言語が不要で現地の人と遊べてコミュニケーションが取れるボードゲームは覚えておきたいと思い、ドミノを購入した。

55ペソって、書いてあるのに50ペソでいいよって言われた。値段交渉が面倒だったのにありがたい。300円しないぐらいで購入。

購入後はまた街をブラブラしながら宿へと戻る。途中お腹が完全にお酒の飲み過ぎで崩壊して5ペソ払ってトイレに行った。

宿に戻るとすぐに雨が降って来た。ついてるな。

グァナファト最後の夜

夕方になり、朝にサンミゲルに行った3人が帰ってきたので合流して晩御飯。夕方に降り始めた雨は止むどころか勢いを増してきたので、外に出るのを諦め、ホステルの下にあるエンカウンターの経営する日本食レストランへ。

まぁ、知り合いのところにお金を落とせるのは嬉しいからいいけど。


まずはお寿司。カリフォルニアロールテイストのご飯が外側にある形式。巻いてあるのはお肉。わさび付き。メキシコでわさび食べれるとは思わなかった。感激。


続いて油そば。チャーシューが美味しいのなんのって。日本を出てから40日。別に恋しくてわざわざ日本食レストランへ行くことはないけど、久しぶりに食べる日本の味はやっぱりどこか懐かしく美味しかった。

メキシコは締めタコス

グァナファトに住む友人はその日、接待があるということだったので、接待が終わるのを待つ。21時には終わるとのことだったけど26時を過ぎたころ、ベロベロの状態で登場。

メキシコは飲んだ後は締めのラーメンなんて文化はない代わりに、締めのタコスという文化だとかなんとか。ほんとかな。

ということで、前日いってメキシコで食べたタコスの中で一番美味しかったお店に再び行くことに。朝の5時まで空いてるらしい。


深夜に雨の中タコスを食べるために濡れながら移動。でもそれぐらいの価値があるタコス屋だと本気で思う。


お店ではなぜか先についた友人がチーズ裂くの手伝ってた。楽しそう。


締めのタコス。やっぱり美味しかったな。グァナファト、最高の街でした。


接待からのタコスで友人は完全に潰れてた。

オンラインベースの旅人コミュニティ「全日本旅人会」では常時メンバーを募集しています。もし興味がある方はリンクより詳細を見てください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です