世界一周

雨のテオティワカンもそれはそれでいい

世界一周 41日目


5:30起床。今日はグァナファトからメキシコシティへの移動日。

朝7:00のバスに乗るためチェックアウトを済ませてタクシーを探す。バスターミナルは街から離れており、タクシーで15分弱。


グァナファトでお世話になった友人は完全に酔いつぶれていたたま起きず。3日間お世話になりました。

タクシーを拾いターミナルへ向かう。90ペソ。4人でわると1人120円ぐらい。


ターミナルへ到着後、チケットを購入。614ペソ、3500円。結構するな。


でもこのバス、リクライニングもいい感じでトイレ付き、コンセントとWi-Fiも完備で、各シートにはテレビもついてる優れもの。

しかも乗車の際に水とかの飲み物とお菓子までもらえる。


12:40、5時間40分のバス旅を終え、メキシコシティに到着。

宿泊予定のホテルを探すも

一緒に旅する2人が今晩の飛行機で日本に帰るため、バスターミナルの近くに宿を取り、そこに自分たちがチェックインして荷物だけ置く作戦。

が、あまりにもバスターミナル付近のホテル近くが治安が悪そうだったのでしばらく歩いた後に断念。


Uberを使い中心街近くの日本人宿に行くことに。SIMをチャージしてUberを利用。所要時間30分、料金90ペソ(500円)。


メキシコシティに先月滞在したときにも利用した日本人宿、サンフェルナンド館にチェックインして、荷物を置き、いざテオティワカンへ。

テオティワカンまでは先程おりたバスターミナルからバスが出ているが、そこまで戻るのあれなので、Uberでテオティワカンまで行くことに。400ペソちょっと。日本円にすると2200円とかかな。それを4人でわるので1人100ペソ(55円)。

バスだと52ペソでいけるので倍ぐらい変わるのか。でも、バスターミナルまで行かないと行けないことも考えると手間が省けてちょっと高いぐらいかな。

メキシコ最大の観光名所テオティワカン

1時間後、Uberで配車したクルマはテオティワカンに到着。向かう途中で雨が降って来た。


入場料70ペソ、400円ぐらい。そんなに高くはない。


雨が止むまで待つか悩んだ末、止みそうもないのでそのまま行くことに。お土産屋でカッパを20ペソで購入して遺跡へと向かう。


入場してすぐ目の前にテオティワカン最大の見所、太陽の神殿が目に飛び込む。とにかく壮大。

メキシコ、グァテマラと旅をしてきてマヤ遺跡をいくつも観てきたが、やはり一番大きかった。これが2200年前に建てられたものだと考えると鳥肌がたった。

雨のため持ってきた一眼レフを取り出して使うことができないのが悲しいところ。とりあえずiPhoneでパシャパシャ撮りながら、雨の太陽の神殿を登ることに。


高さ65m、248段ある階段はなかなか登るのが大変、しかもメキシコシティは2000m越えの高地。


息を切らしながら登り上からの絶景を眺める。すごいの一言。写真には納めれない素晴らしさ。晴れてるときにきたかったな。


なぜか太陽の神殿を登る際、同じペースで下から登ってきた野良犬が、いい感じに頂上でモデルになってた。人間だけじゃなく犬にもわかるのかこの素晴らしさが。


ほんとにいい位置にいるな。


太陽の神殿を降り、死者の道を通り月の神殿へ。雨は増すばかり。死者の道は水ハケが悪く川のようになり、月の神殿は上から流れてくる水で滝のようになっていた。


晴れのときのような綺麗な写真は撮れないが、この雨のテオティワカンはそれはそれでレアなんじゃないかと自分を納得させながら帰路につく。


帰りはバスで帰ることに。3番出口から出た辺りに客引きがいたので、バス停を聞いたらここで待ってれば大丈夫と言われる。


待つこと5分、バスが来たので乗車する。乗車時にチケットを買うことができたので、52ペソを払いバスに乗る。

スマホでUberを確認したところ近くにクルマは何台もあったので、お金に余裕がある場合はUberでも帰れそう。

メキシコ最後の夜


1時間後、グァナファトから来たときと同じバスターミナルに到着。Uberを利用して、また宿へと向かう。ほんとに便利。

なにが便利っていちいち値段の交渉をしなくてもいいことに加え、事前に目的地を設定しているため詳細な場所まで何も言わずに連れていってくれること。

宿に戻り肌寒いため上着を羽織ったり、夜になるので治安的にカメラを持ち歩くのをやめたりと準備をして、晩御飯を食べにカテドラルの方向へ。


カテドラルはメキシコに来た最初の日に観光した場所。

その後、メキシコシティ→オアハカ→サンクリ→パレンケ、国境を越えグァテマラ→ベリーズ、またメキシコに戻り、カンクン→トゥルム→グァナファト→メキシコシティとぐるっとメキシコを周遊して最初の場所に戻ってきた。


カテドラルを一目見た後は、近くのタコス屋で晩御飯。


アボガドを使った料理であるワカモレを最後に食べたいねって言ったのにでてきたのはただのアボガド。ちょっと笑った。美味しいからいいけど。


自分は最後なので豪華にお肉に。サボテン最後に食べたかったので、添えられててよかった。


食後のデザートということで、以前も訪れた地元の人に大人気のチュロス屋さんに。

大人気とは聞いてたけど、まさかここまでとはと言うぐらいの混雑ぶりに少し焦る。夜の20時にチュロス屋さんがこんなに混むんだ。


グルグル巻いたチュロスが切り分けられていく。


店内は諦めて持ち帰りでチュロスを1人2本ずつ分け、外で食べて帰路につく。なんか病み付きになるおいしさ。


宿に戻り日本から来てキューバで合流した2人はここでさよなら。空港までのUberを手配して帰っていった。この40日間で使わなかった荷物を持って帰ってもらえたのは本当に感謝。荷物が少し軽くなった。

見送った後はシャワーを浴び、残された2人でゆっくり振り返り会話。と思いきや、2人ともノマドワーカー。ゲストハウスのリビングで横に並びパソコンを開き無言でカタカタと。

こんな別れ方も悪くない。向こうも世界一周中。きっとヨーロッパあたりで再会するかな。

オンラインベースの旅人コミュニティ「全日本旅人会」では常時メンバーを募集しています。もし興味がある方はリンクより詳細を見てください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です