世界一周

The Beatlesを巡る旅

世界一周 55日目


イギリスはリバプールで迎える朝。

数週間前はメキシコとかその辺りの地域にいたのに、なんか不思議な気分だな。なにもかもが違う。


宿をチェックアウトして少し観光。やっぱりリバプールといえばビートルズなので、ビートルズ関係のものをさがすことに。


マシューストリートという場所にジョンレノンの銅像があるということなので向かう。


いたるところにThe Beatlesの文字が。


キャヴァーン・クラブ(The Cavern Club)の前にジョンレノン発見。

初期のThe Beatlesがここで活動していたのだとか。

昼間なので特に入ることはやめて外だけ。


せっかくなので2ショットだけ撮っておわり。

ちなみに周りに人は全然いなかった。人気ないのかな。

The Beatles博物館へ


マシューストリートから歩くこと30分ほど、The Beatles STORYに到着。海の近くにありいい感じの場所。


入場料は16.95ユーロ。ちょっと高いけど、リバプールここぐらいしか見る予定ないしいいか。


ありがたいことにこの旅はじめての音声ガイドが日本語。これはほんとに助かる。

全部英語だとやっぱり途中で読む気がなくなったり、全然違う解釈してたりするので。というかそもそも英語わからない。


博物館の中はBeatlesの結成前から解散までが順番に展示されている。


さきほどいったキャヴァーン・クラブの中が再現されていたり、


ジョンレノンの名曲、イマジンのビデオ撮影をしたティッテンハースト・パークの白い部屋を再現されたものまで。

バスまで時間潰し


The Beatles博物館を出ると目の前でなんか面白そうなアクティビティが。

いいなこういうの。一人じゃなかったら無理矢理にでも友達誘ってやってただろな。


とりあえず朝から何も食べてなかったので腹ごしらえ。

EAT.と書かれた多分チェーン店なとこでサラダとスープを注文。


どちらもなかなかボリューミー。スープおいしいな。合わせて9ユーロ。どっちか1個でもよかったかな。


食後はまた博物館近くの港のベンチに戻り、先日かったウクレレを練習。

とりあえずBeatlesの曲を練習する。といっても知ってる曲はそんなに多くないけど。

あんまり海外を旅してるときにネット環境に常時接続されてるが好きじゃないので、オフラインにいて時間潰したいときのアイテムとして楽器は楽しい。


1時間ほど練習したあと、バスターミナルに戻りバスに乗り込む。

練習中、わりといろんな人に声かけられてコミュニケーションにもなる、けど全然弾けなくて申し訳なくなる。

早めに1-2曲は弾ける曲もっとかなければ。

バスで揺られてロンドンへ


バスに揺られること6時間半、ロンドンに到着。

ロンドンまでのバスは12.05ユーロ。1700円とかかな。

ヨーロッパ、物価は高いけど長距離バスの値段がそこまで高くないのはありがたい。


夜の22時のためあたりは流石に暗め。

バスターミナルの場所を事前に調べてネットで近くの宿を予約していたので、そこまで歩いていく。

地図を見ると、あれ、バスターミナル2つあるぞ。

ってことで宿を取ったバスターミナルとは違うバスターミナルに到着。宿まで荷物を持ったまま歩くはめに。


治安とかは全然大丈夫そうだから安心だけど、夜に荷物もって歩くのいやだな。

メイン通りっぽいとことか、ライトアップされたバッキンガム宮殿の横を通り宿まで。


歩くこと1時間15分、予約した宿に到着。

宿というかもはやバーにしか見えない。

宿の名前はPubLove@ The Exmouth Arms。もうパブって書いてあるな。


1階がパブになっていて、パブのお兄さんにチェックイン手続きをしてもらう感じ。

めちゃくちゃ愛想悪い。

けど、こんな宿、もう飲めっていってるようなもんだ。


とりあえず来る途中にスーパーで買ったサラダとヨーグルトをいただく。


からのビール。うん、宿の下にあるのは仕方ない。

オンラインベースの旅人コミュニティ「全日本旅人会」では常時メンバーを募集しています。もし興味がある方はリンクより詳細を見てください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です