世界一周

日帰りでルクセンブルグ

世界一周 58日目


ベルギーはブリュッセルの友人宅で子供の泣き声とともに目覚める朝。

大学時代のサークルの同期がフランス人と結婚してベルギーに住んでいる。4歳と1歳の子供と朝食を食べる。かわいい。

朝食後、少しだけ家族写真を撮らせてもらったあとクルマでトラムの駅まで送ってもらう。

今日はベルギーのどこを観光しようかなって思っていたけど、日帰りでルクセンブルクに行くことに。この機会を逃すと行かなさそうだったので。


Montgomery駅から25番のトラムに乗りGare du Node駅まで。そこからバスでルクセンブルクまで行く予定。


Gare du Node駅に到着後、バス乗り場を目指す。前日イギリスからバスで来た時に降りた場所だったのでわかりやすい。


10時前にバスが到着。自分の乗るバスかどうかは前に番号が書いているのでそこで判断。似たようなバスいっぱいあるので、バスが到着する度にみんながぞろぞろとバスの前に集まる。


今回乗ったバスはFLIXBUS、Wi-Fiはついてるけど全然繋がり悪いし、コンセントないはで最近いいバスに恵まれていたのでちょっと不満に思う。

でも日本のバス、だいたいついてないから贅沢な不満だなぁとも心のどこかで思う。


3時間のバス走行後、ルクセンブルク到着。EU圏内なので特に入出国審査とかもなし。もはや隣の県に来た感じ。通貨もかわらないし。

世界一周15ヶ国目

ほんとに予定せずに来たルクセンブルク、事前に何も調べてなかったので、とりあえずバス到着付近をぶらぶら。


インフォメーションセンターの看板を見つければこっちのもの。


さっそくインフォメーションセンターに行き、地図をもらい、現在地を教えてもらう。


地図を広げてみても英語わからないし、そもそも建物の名前とか見てもわからないので、観光地が、密集してそうな場所を探して歩くことに。


歩いてるとクルマが侵入禁止になった道路があり、蚤の市が。いらねー、くだらねー、と思うものがいっぱい。でもその国の文化だとかを知れるので楽しい。


友人から猫の絵柄のコインがあればお土産にちょうだいと言われてるので探すもなかった。残念。あんまり聞いたことないよね。


そのまま突き進むと、まぁなんかいい感じの建物と広場とか。きっとこのへんが中心街なんだな。

ただ今日が日曜日なこともあり、ほとんどのお店が閉まっていて、いささか活気がない。残念。

でも、ひと昔前の日本もそうだった気もする。休むときはちゃんと休むのがいい。


他に衛兵?門番?がいる建物とかもあったけど、休みだから人気がないのか普段からこうなのかちょっと不明。

さらに歩くとちょっと活気のあら広場やテラスでの、レストランがちらほら。現地のビール飲みたいなぁと思うも、だいたいのお店を覗いても料理が15ユーロぐらいからしかない。


ちょっと高いなぁと思い開いてるコンビニを見つけたので、現地ビールであるDikirchを購入。


そのままマクドナルドでテイクアウトでワカモレバーガーを購入して、広場で飲むことに。

たまたま広場でバンドも演奏していていい感じ。

お腹もいっぱいになったので次は街を見下ろせる高いところがないかをさがす。

ルクセンブルクの新観光スポットCITY SKY LINER


丘の上に絶叫マシーンがあるなぁと思ってたけど、よく見たら絶叫マシーンではなく可動式の展望台。

CITY SKY LINERという名前でわりと最近できたものだそうな。


こりゃ乗らなきゃということでさっそくチケットを購入。7ユーロ、900円。まぁ、そんなものか。


円盤状の展望台が回転しながらゆっくり上へとあがっていく。


だんだん上がって行き、81mの高さまで。


ルクセンブルクで一番高いところからの景色。満足。

CITY SKY LINERから降りたあとは、そろそろ時間なのでバス停へと向かう。


途中、やたらと卑猥なスパイダーマンが展示されてたので思わずパシャり。

再びベルギーへ


バス停へ向かうも、なかなかバスがこない。

正確にはバスは何本もくるが、自分たちの乗るバスが一向にこない。

待つこと30分遅れで到着、40分遅れで再びベルギーに向けて発車。

ただでさえ出発遅れてるのに、途中大渋滞。というかこれのせいでバスが来るの遅れたんだろな。


20:30着の予定が21:45到着。


そこから電車とトラムを乗り継ぎお世話になってる友人の家まで。

あたりはもう真っ暗。23時前だもんなそりゃそうか。


友人宅についたらなんと日本食のご飯が。

炊き込みご飯最高すぎる。魚おいしい。

ありがたい。

オンラインベースの旅人コミュニティ「全日本旅人会」では常時メンバーを募集しています。もし興味がある方はリンクより詳細を見てください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です