世界一周

メキシコシティで有名な日本人宿へ

世界一周 11日目


8時起床。ウラジオストク空港のベンチ→香港空港のベンチ→メキシコまでのフライトと我ながらアホみたいなことしてたので、久しぶりのベッドは快適そのもの。

目が覚めてスマホ確認すると「世界一周ブログランキング1位おめでとう」のメッセージが。うわ、めっちゃ嬉しい。

人生におけるやりたいこと100のリストを自分が主催する旅好き学生たちを集めたゼミ、通称「タビゼミ」で過去に作ったが、そのうちの1つの項目に世界一周ブログランキング1位を書いていた。達成。

昔から夢というものがない代わりに、やりたいことはいっぱいあった。そのやりたいことをできる限りやっていくのが今回の自分の人生なんだと思う。人生一度きり。親父も言ってた、好きなことしなって。

あわせて読みたい
世界一周ブログランキング1位に世界一周ブログランキングとは? 旅が好きな人なら一度ぐらいは目にしたことあるんじゃないかな。世界一周ブログランキング。 正確...

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
世界一周ブログランキング、念願の1位になれました。引き続き応援していただける方は上記の「世界一周」のボタンか、コチラをポチッと押していただければと思います。

ついに手に入れた例のモノ

久しぶりにまったりした朝。宿がまさかの朝食つきでチェックイン時に朝食カードをもらったので期待に胸を膨らませ朝食へ。


こんな感じ。メキシコならではの朝食かもとちょっと期待してたんです。でも、食べれるだけ幸せです。なによりコーヒーが嬉しい。最近移動が多くてラウンジ生活に慣れていたからちょっと思考が贅沢になってた。反省。

続いてシャワーを浴びるためにボディソープを入手しにコンビニへ。香港で購入したボトル型のDoveはロシアに行く際に大きすぎると手荷物検査で没収され、それ以来シャンプーでしのいでいた。


ロシアでDoveを探したけどこんなのしかなかった。なんか違う。


ということで今回こそはということでこちらをメキシコのセブンイレブンで購入。7ペソ、40円。なぜかタバコのように、レジの後ろに管理されていて探すのに苦労した。


シャワーを浴びてDoveで潤ったカラダと共にホテルをチェックアウトして目の前にあるメキシコシティ・メトロポリタン大聖堂へ。建設から300年たって完成したとか。

はじめてのメキシコ。荷物と食べ物さえ気をつければ大丈夫って聞いてたけど荷物めっちゃ持ってる。どこが治安がいい地域で、どこが悪いか事前に調べてなかったので常に警戒体制。

どうしても撮りたい景色に出会ったらあたりを確認して、サッと一眼レフを出し、撮り終わったらサッとしまうまるでスパイのような行動。

人通りの多い道を選び、メキシコの感覚を掴みながら次の宿へ。


途中でタコス買い食い。8ペソ、40円ぐらい。タコスちょうだいって言ったら出てくるものだと思ってたから、中身の具材を選ばないといけない方式でちょっと苦戦。真ん中にあったやつにしといた。


看板見てのとおり、値段ぐらいしか読めない。

メキシコで有名な日本人宿

本日の宿、サンフェルナンド館に到着。メキシコシティには有名な日本人宿が2つあり、このサンフェルナンド館と、ホステルアミーゴ。

せっかくなので情報取集も兼ねて泊まってみることに。この旅、はじめての日本人宿。


地図の場所にきていざチェックイン。と思ったらメキシコ人のおじさんが出てきて日本人はあっちとのこと。


いざ、気をとりなおしてチェックイン。大きな看板もなく、鉄格子に手をつっこんでブザーを鳴らす必要があるので、ちょっと難しいかも。


宿に入ると日本語ぺらぺらのメキシコ人オーナー、アドリアーナさんが。京都に3年ほど住んでたとかなんとかで関西弁。とりあえず何も決めてなかったけど咄嗟に2泊と答えて、2泊することに。ドミトリー1泊200ペソ、1000円ちょっと。

ドミトリーに案内してもらうと、二段ベットじゃないことに感動。ふかふかのベッド。これならいくら飛び跳ねても大丈夫。飛び跳ねないけど。

荷物を置いたことで身も心も軽くなったので、とりあえず街の感覚を掴むために手ぶらで散策開始。今なら盗られるものもiPhoneXぐらい。おとといロシアで画面の割れた。

巨大な神殿跡、テンプロ・マヨール

とりあえず前日宿泊していたホテル付近がソカロと呼ばれる地区で、観光に最適な場所だったため歩いて戻ることに。公園を歩いていると3mおきにチュッチュっしてるカップルが。チュッの音が生々しく響きわたる。すごいなメキシコ。


超人混みの原宿竹下通りのような大通りを抜け、まずは気になっていた教会横の街中にある遺跡、テンプロ・マヨールに。


テンプロ・マヨールの前に愉快なカッコの人がいたのでパシャり。なんかの宣伝してた。

入場料は70ペソ、350円ぐらい。遺跡プラス立派な博物館でこの値段。ただ、遺跡だけなら外から眺めれるので、博物館興味なかったら外からでも十分かなという感想。


中はメキシコ版マチュピチュっ言うといいすぎだけど、THE遺跡って感じで、遺跡好きにはわりとワクワクするスポット。


壁に彫られた文字を見て漫画ワンピースに出てくるポーネグリフだとかなんとか言いながらはしゃいでた。一人で。

ソカロ地域をふらっと見た後は、体力温存も兼ねて宿に戻ることに。メキシコシティは忘れがちだけど標高2,250mぐらいある高地、慣れる前に調子にのると痛い目に合いそうなので。過去にマチュピチュに行く途中に寄った標高3,000mの街クスコでハシャギすぎて大変な目にあった。

竹下通りを歩いているとなにやら人だかりが。覗いてみるとテレビ番組の撮影が。収録終了後にリポーターに人が群がり写真を撮っていたのできっと有名な人なんだろと。


せっかくなので自分も人混みにまじり一緒に。有名な人ならいいな。

ゲストハウスの醍醐味、ヒトとの交流

宿に戻りベッドの上で休んでいると、同じ部屋の宿泊者が帰ってきたので話しかけてみる。

ワーホリでカナダにいて、休みを利用してメキシコに遊びに来ていた日本人。

少し話したのち、なんとなく意気投合して、一緒に晩御飯を食べに出かけることに。

メキシコは5日目だと言うことで周辺の治安状況とか教えてもらいながら、ローカルな感じのとこで食べようということになり、屋台へ。


色んなメニューがあるお店だったので、よくわからないながらもタコス以外にしよってことで2つほど注文。ハンバーガーっぽいのと、でっかい折り曲げないタコスみたいなやつ。2つ合わせて90ペソ、500円ぐらい。

お腹を満たした後は2人ともお酒が好きだということで、メキシコでは有名なOXXO(オクソ)というコンビニでビールを購入。なににしようか迷った末、ボエミア、ドスエキス、テカテというメキシコで有名な銘柄を数種類ずつ購入。


宿に戻り屋上で飲むことに。メキシコは20時でもまだ明るいぐらいなので、明るく見えてもわりと夜。治安が悪いと言われる地区を屋上という安全地帯から眺めながらプハーッと。最高。個人的にはボエミアが美味しかった。特にWeizen(バイツェン)。

一通り飲み終わったので、リビングに戻るとオーナーの娘と、その友人がタコスを食べてたので混ぜてもらう。


タコスをちょっともらったり、スペイン語と日本語の翻訳アプリで遊んだり。しっかりした2人だ。


22時を回るころに娘がコンビニにおつかいを頼まれたので、便乗して一緒に行くことに。15歳の女の子が夜に歩けるのかとちょっと一安心。

あとで聞いたところによると、荷物さえ持ってなければわりと大丈夫とのこと。


衝撃的だったのが、コンビニは強盗にあいやすいってことで、夜は入り口の扉が閉まっており、小さい窓から欲しいものを頼むスタイルに変わっていた。欲しい商品を言うと店員がとって来てくれるスタイル。

ビールを頼んでもらい、宿に戻る。お世話になったので2人のカップルフォトを撮影させてもらい、写真を共有して1日は終了。めっちゃ喜んでくれたので、重い機材かかえて旅しててよかったなぁとしみじみと。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
「あぁ、旅って気軽にいけるもんなんだ」って伝わればいいなって、1人でも多くの人に自分の旅の体験が届けばいいなって、そんな思いから世界一周ブログランキングにも参加することにしました。よかったら上記の「世界一周」のボタンか、コチラをポチッと押していただければと思います。

オンラインベースの旅人コミュニティ「全日本旅人会」では常時メンバーを募集しています。もし興味がある方はリンクより詳細を見てください。