究極の思いやりスポーツを体験してきた


ブラジル発のスポーツ「フレスコボール」

あいのり嵐フレスコボール

フレスコボールというスポーツを知っていますか?

ブラジル発のスポーツで、主にビーチでやるものだそうです。

先日フレスコボールを体験する機会があったので、そのことについて書きたいと思います。

あいのり嵐がフレスコボールのアンバサダー

あいのり嵐とフレスコボール練習

今回自分がフレスコボールを、体験するきっかけになったのは、友人の嵐に誘われたからです。 http://ameblo.jp/ikarashi1983/

嵐は昔にあいのりに出ていて、 現在はカメラマンやDJしながら、 旅を続けている旅仲間。

あいのりトークライブ

過去には一緒にトークライブに出演したりと、 ここ数年仲良くさせてもらっています。

そんな嵐がフレスコボールのアンバサダーとなり、 活動していることから今回声をかけてもらいました。

フレスコボールのルール

フレスコボールあいのり嵐

フレスコボールはビーチスポーツで、 ラケット2本とボール、 そしてパートナーが必要です。

パートナーが必要といっているのが思いやりのスポーツとい言われる理由で、 いかに相方とラリーを続けるかというのがルールの大原則。

5分間のラリーの間ボールの返し方によってポイントが違ったり、 続いた回数でポイントが加算されていくようです。

初心者の自分はよくわからないので、 とりあえず相手が取りやすい場所にボールを返し、 ひたすらラリーを続けるという理解でよさそうです。

とにかく相手のことを考え相手が返せる場所にボールを返す、 そんな愛に溢れたスポーツです。

フレスコボールは場所を選ばない

フレスコボール

ビーチスポーツといいましたが、 別にラケットとボールさえあればできるので、 ビーチ以外の場所でもできます。

実際に今回の体験フレスコボールは、 都内の河川敷でやりました。

公園でも体育館でもできるので、 天候も気にせずできるのは、 かなり良いのではないかと思います。

ただしビーチのように、 アクロバティックなプレーはできないので、 ガチでやる場合には、 やっぱりビーチに行く必要がありますね。

フレスコボールは気軽にできる

前述した場所を選ばないということは、 コートの事前確保が不要であったり、 プレーのたびに料金がかからないという、 メリットがあります。

また、テニスを昔からやっていた自分としては、 ラケットの値段が安く、 ガットの張替えががないというのが嬉しいです。

日本に入ってきて間もないスポーツのため、 ラケット購入場所が限られているという、 デメリットはありますが、 ネットでも販売しているのでまぁ大丈夫でしょう。

ということで、 早速Amazonで注文したので、 届き次第友人誘って練習してこようかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です