世界一周

しれっと世界一周2ヶ国目突入

世界一周、3日目


8時半に目が覚める。

今日は二段ベットの下にいる怪獣は静かだ。シャワーを浴びようとベッドから降りる。シャワーとトイレの部屋の扉には鍵がないため「利用する際はノックして」との張り紙。

意気揚々とノックし、応答がないことを確認して扉を開け金髪のお姉さんに怒られる。いや、ノックしたのに。

後で聞いた話だとチョンキンマンションはわりと無法地帯のため、扉に鍵をつけると中で何をされるかわからないためわざと鍵をつけていないのだとか。クスリとか自殺とか。

シャワーを浴び2日間お世話になったDay&Nightゲストハウスを後にする。チョンキンマンションのゲストハウス全般に言えることであるが、とにかくエレベーターが遅くてすぐ重量オーバーになる。その癖、高層階まであるもんだからほんとにエレベーターが来ない。予定がある場合は早め早めの行動をすることをお勧めする。

ということで今から降りますと言いながらだいぶ待たせるカタチで友人と合流。ごめんなさい。

「今日は雨が降りそうだからマカオはやめて中国いくよ」の一言で中国行きが決定。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
現在、世界一周ランキング7位(2018/05/09)、1人でも多くの人に自分の旅の体験が届いて、旅に出るきっかけになりますように。よかったら上記の「世界一周」のボタンか、コチラをポチッと押していただければと思います。

日帰り中国の旅


駅に向かう前にチョンキンマンションには香港内で一番レートの良い両替屋と、一番レートの悪い両替屋のどちらも入っていることを教えてもらい、レートが一番良い両替屋に案内してもらう。

昨日利用した尖沙咀駅の隣にある尖東駅へ向かう。梅田駅と大阪駅ぐらいの位置関係。そこから香港の端、羅湖駅まで移動する。料金はHK$42、日本円で590円ぐらいかな。


1時間もせず、香港と中国の境の駅、羅湖駅へ到着し、中国側の自動化ゲート登録のため指紋を取られる。

ARRIVALカードの中国での滞在先は中山路XXX号とか、中山路って通りが中国には絶対あるから、それを書いとけば間違いないらしい。

香港は中国に含まれると思っていたけれど、全日本旅人会のメンバーで世界一周経験者の方々に聞いたところ、国数のカウントで中国、香港、マカオは分けているとのこと。

ということでしれっと世界一周2ヶ国目に突入。

羅湖は香港側の呼び方で、中国側では深圳(シンセン)。


深圳駅前の羅湖商業城というショッピングセンターに連れていってもらう。入る直前にここにあるものは全て偽物と聞く。なんか、中国に来た気がした。

豆知識として、値段は下の階が一番高くて、上の階にいくにつれて順番に安くなっていくらしい。売ってるものは上の階も下の階もたいして変わらないのに。

今回は時間の関係で行かなかったがこのビルには秘密の隠し部屋があるらしい。入るとブランドモノがずらりと並んでいるらしい。格安で。そして、買わないと出れない部屋とのこと。今度連れて行ってもらおっと。


デパートを案内してもらった後は電車で移動。華強路(Huaqiang Rd)。深圳の秋葉原街らしい。電車で5駅。

切符を買おうとして中国元を持ってないことに気づく。切符代、立て替えてもらいました、3元。謝謝。

秋葉原みたいな華強北路でガジェット巡り、全然買う気なかったけど物欲が。

45元でスピーカー購入。765円。極力荷物を減らした今回の旅。きっとまだ見ぬ旅仲間とゲストハウスや、公園で使うことを夢見て購入。

そんな仲間できなかったら捨ててやる。

帰国時にスピーカー持ってなかったら盗られたか友達できなかったかだと思っていただいて大丈夫です。

続いて360元で水タバコ、190元でソーラーパネルを買う。

こちらについては別途紹介。これ、確実に今後の旅人の必須アイテムになります。

16時、帰路につく。3元で切符を買い、羅湖(Luohu)駅まで。

またまた国境?を超えて香港へ。帰りは混んでいるため、友人の提案によりリッチにファーストクラスの列車へ。


HK$42からHK$82にパワーアップ。

快適快適。

何事も経験が大切と言い聞かせながら1人だと絶対に乗らないであろうファーストクラスを堪能する。

差額HK$40。550円。結構するな。

念願の四川料理


18時15分、砲台山駅(Fortress Hill)から徒歩5分ほどの四川料理のお店へ。

すぐお腹壊すくせに辛いものが大好きという胃腸にドSの自分としては最高に楽しみなお店。ちなみに食べる前からもうすでにお腹は壊れてます。


全部の料理がとにかく赤い。全てに大人のハッピーパウダーがかかっている感じ。

唐辛子に埋もれた鶏肉を探しながら食べるのはもはや宝探しのような感覚でなんともエンターテイメント。体験型料理。

この他にも色々とご馳走になり、ちゃんと胃腸を痛めつけてやりました。

四川料理の後は友人と別れて旅人のバイブル深夜特急に出てきたからちょっと気になっていた廟街(男人街)へ行ったけど、時間が遅かったため店じまいしていたのと途中で大雨に降られてビショビショになったことぐらいで特筆することがないので今日はここまで。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
1人でも多くの人に自分の旅の体験が届き、「あぁ、旅って気軽にいけるもんなんだ」って伝わればいいなって、そんな思いから世界一周ブログランキングにも参加することにしました。よかったら上記の「世界一周」のボタンか、コチラをポチッと押していただければと思います。

オンラインベースの旅人コミュニティ「全日本旅人会」では常時メンバーを募集しています。もし興味がある方はリンクより詳細を見てください。