世界一周

定番コース:ゴールデンサークル

世界一周 50日目


アイスランドはレイキャビックで迎える朝。っていいたいところだけど、白夜で日が沈まないからなのか、今までの旅の費用まとめていたからなのか、まったく寝れず。

8:00に今日はアイスランド定番のツアーであるゴールデンサークル巡りのピックアップを待つ。宿の前にあるバス停に迎えに来てくれる。ほんとにいい宿だここ。

アイスランドでは電車とか市街へのバスがほぼないため、移動はレンタカー移動が推奨されていて、ひとり旅だとツアー参加を選ぶのがいいとのこと。

ってことで前日に街中のツーリストインフォメーションで申し込んだのがこのツアー。


8:25にバスが来た。寒かった。事前にほかのピックアップがあるから30分ぐらい遅れるかもって聞いててよかった。


9:05、サービスエリアみたいなとこに到着。昨日発見した激安スーパーBOUNSがあり、おおおおとなるも、営業10:00からで買えず。


パン屋さんで390のパン購入。表記の3が消えかかっていて890かどうか悩んだけど、ちゃんと3だった。買ってよかった。安め。レイキャビックが高いだけなのかな。

アイスランド定番のゴールデンサークル


10:15、1つめのポイントである滝に到着。Faxiの滝。ナイアガラ見たあとやとちょっとしょぼく感じる。どっちかというと来る途中の道の景色のほうに感動した。


見学時間は15分、バスに戻ったら運転手が伝統的なピザっぽいスモークしたパンと、


ノンアルコールビールを配ってくれた。おいしい。

でもちょっといかついくて愛想ない運転手さん。


続いて走ること30分、Gullfoss Fallsに到着。所要時間50分。ミニトレッキングって感じで少し歩いて滝まで。

あっ、これはすごいな。好きな滝だ。そしてやっぱり、滝とセットの周りの風景がいい。なんにもない。木が一本もない。

ただ本当に天気が悪すぎるのと、景色が壮大すぎて何撮っても思ってる景色を写真に納めれない。悔しい。

とりあえず来年アイスランドはリベンジすることを誓った。


途中で馬にエサをあげ、間欠泉へ。馬ももしかして1つの立ち寄りポイントにカウントされてるのかな。


Smiourという間欠泉スポット。地面から絶えず湯気がでてる。おお。

1番大きそうなスポットで待機。5分に一回ぐらい爆発する。


写真では微妙だけど吹き上がる瞬間を動画には納めれた。満足。前触れもなく爆発するからほんとにすごい。


続いてむかったスポットはシンクヴェトリル国立公園(Þingvellir National Park)。世界遺産に登録されている場所。ただ、あいにくの強い雨。


一望できる景色は本当に壮大。でも雨。ここもリベンジ確定かな。


とりあえず雨風が寒く薄着でサンダルだったので、お土産売り場みたいなとこで時間を潰す。

レイキャビックの街でホットドックリベンジ


ツアーが終わりレイキャビックの街へ。今日の宿はB47。どうやらアイスランドはW杯の影響なのか、そもそもハイシーズンだったのか、とにかく宿が直前では連日で取れなかった。毎日違う宿。


B47は事前にメールが送られてきて、その番号を入力してチェックイン。特にカウンター等でなにかする必要もないという変わった場所だった。

チェックインというか、宿に荷物を置いたあとは街を少しぶらり。前日見つけたホットドック屋を有名なホットドック屋と勘違いして購入してしまったので今日はリベンジ。


ネットの情報を頼りにお店を見つける。最近、港付近の開発の影響で場所がよくかわるのだとか。今日はラディソンBLUってホテルの近くにあった。すごい行列。


ホットドッグ置きのようなものまで。

色々と聞かれるので、全部入れてっていえばとりあえず大丈夫。


さすがにお腹すいたので、2個購入。1つ450円なのでこれで900円。ブルーラグーンのサンドイッチ1個2000円に比べたら全然安く感じる。

そしてやっぱり美味しい。宇宙一美味しいかと言われるとちょっとあれだし、期待値はあがってしまっていたけど、高価格帯のアイスランドにおいてこの価格でこの味なら確かに誰も文句は言わない。

それにしても今日のツアー、微妙だったな。天候のせいもあるし、お客さんの質もあるし、とりあえずアイスランドはツアーじゃなくて絶対レンタカーで回るべき場所だな。反省。

オンラインベースの旅人コミュニティ「全日本旅人会」では常時メンバーを募集しています。もし興味がある方はリンクより詳細を見てください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です